A PLACE IN THE JET

ITM LAYER

ふるねるそん

スポンサーサイト
  1. 2016/07/31(日) 00:00:00|
  2. 街伊丹
  3. | コメント:0

マチノカタチⅡ

_DSC0579.jpg

新しい形や色が次から次へと、壊されては産まれゆく街の風景。
今まで撮れなかった風景があれば、もう撮れなくなった風景もある。
願わくば前者が多い伊丹の街であって欲しいと思う。


  1. 2016/07/28(木) 00:00:00|
  2. 街伊丹
  3. | コメント:0

目をつぶればJA85ANがいる

カサブランカ

久しぶりに伊丹に戻ってきたフラワージェット。
合えない時間が、イマジネーションを育ててくれる。


  1. 2016/07/25(月) 00:00:00|
  2. 夏伊丹
  3. | コメント:6

千里の風に乗って

せんのかぜ

梅雨明けの伊丹。
トリプルセブンが夏の使者のように、季節をめくる。


  1. 2016/07/22(金) 00:00:00|
  2. 夏伊丹
  3. | コメント:2

滑走路草

前景4

俗称‛鉄道草’と呼ばれる花が滑走路際を彩っていた。
その可憐さの前では、コントラストも彩度も、ソフトフォーカスしてしまう。


  1. 2016/07/19(火) 00:00:00|
  2. 初夏伊丹
  3. | コメント:4

黒 鶴

くろつる


  1. 2016/07/16(土) 00:00:00|
  2. 夜伊丹

紫Q子蘭

アガセル

近頃は紫陽花よりもよく見かけるアガバンサス。
高い背丈はヒコーキとも絡め易く、初夏を表現するのに有難い存在だ。


  1. 2016/07/13(水) 00:00:00|
  2. 初夏伊丹
  3. | コメント:0

苗 紋

ドンウラ

陽が落ち、空と水田の露出が近づけばシャッターチャンスは訪れる。
次の夕焼けの頃には、もう水面は苗で覆い隠されている事だろう。


  1. 2016/07/10(日) 00:00:00|
  2. 初夏伊丹
  3. | コメント:2

蔦 紋

ミド壁

千里川土手フェンスに巻きつくツタの葉。
不規則のようで規則的、幾何学模様の美しさを濃い緑が引立てていた。


  1. 2016/07/07(木) 00:00:00|
  2. 初夏伊丹
  3. | コメント:0

雨 紋

あまおと

水たまりに、雨の水紋とヒコーキを写し込む。
明日には涸れているかも知れない、次の雨にはここに溜まらないかも知れない、
その儚さと無意味さに、一期一会の航景を求めるのだ。


  1. 2016/07/04(月) 00:00:00|
  2. 初夏伊丹
  3. | コメント:0

Cafe HANAHANA

HANAHANA.jpg

滑走路に日本一近いCafe風売店HANAHANA。
その入口は、多くのトラフィックで連日賑わう。


  1. 2016/07/01(金) 00:00:00|
  2. 街伊丹
  3. | コメント:0

プロフィール

HIJIO

Author:HIJIO
伊丹空港ベースに
飛のあたる場所を
写し留めております。

最新記事

カテゴリ

春伊丹 (88)
初夏伊丹 (43)
夏伊丹 (64)
秋伊丹 (74)
冬伊丹 (83)
街伊丹 (88)
夜伊丹 (24)
NRT / 成田 (5)
HND / 羽田 (5)
FSZ / 静岡 (4)
MMJ / 松本 (2)
TOY / 富山 (7)
KMQ / 小松 (13)
KIX / 関空 (3)
UKB / マリンエア (23)
OKJ / 岡山 (4)
HIJ / 広島 (5)
TTJ / 鳥取 (6)
IZO / 出雲 (3)
UBJ / 宇部 (22)
TAK / 髙松 (3)
MYJ / 松山 (7)
KCZ / 高知 (14)
NGS / 長崎 (3)
OKA / 那覇 (1)
etc. / エトセトラ (3)

アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する