A PLACE IN THE JET

花鳥のC-3PO

C3PO11.jpg


スポンサーサイト
  1. 2017/04/18(火) 00:00:00|
  2. 春伊丹
  3. | コメント:4
<<花滑走のワンフォー | ホーム | 花冷えのC-3PO>>

コメント

こんばんは。

学もなく語るのもお恥ずかしいのですが、美しい桜の広がる光景からまるで飛び立つ鳥のような航景は花鳥風月の言葉にピッタリとリンクして魅入ってしまいます。さらりとカッコいいタイトルをつけてしまうセンスと感性に毎回驚きと憧れを抱いて拝見させて頂いてます。
  1. 2017/04/18(火) 01:39:07 |
  2. URL |
  3. みつみつ #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

ヒコーキと街と季節を愛でる作風、その行為はまさに花鳥風月。
桜の季節が一瞬ならば、スペシャルな塗色で飛ぶのもまた一瞬。
通常塗色に戻されて再会したとき、次の同じ季節が巡ってきたとき、その一枚に込めた記憶が蘇ります。
多くのトラフィックとシャッターチャンスがある伊丹でさえ一期一会なのだろうと想像し、街や季節の中を往くJA743Aの姿をこれからも楽しみにしています。

さてHNDへ向かう前夜、伊丹より到着したc3po。
タミ2を発車したバスの中から、沖留めされた姿が初めてのご対面でした。
飛んで撮られての毎日、疲れていたんでしょうね、そのまま翌日も爆睡しておりました。
一瞬ではありましたが、そのスペシャルな姿を目に焼き付けてきました。
ヒコーキ好きでもないのですが血ですかね、モヒカンもユメもstar warsシリーズもよく知っているんですよ、ウチのドーター。
チラ見でしたが、とっても喜んでおりました。

今年のソメイweek、富山は時折晴れ間が見える日もありましたが、ほぼ『親の仇』状態でした。
B8が定期で飛んで来てくれていた最後の春、あれは何だったのでしょう?
連日の晴天、超ロングな花季、シャッターチャンスの雨霰でした。
次の週末は撮鉄大会、HIJIOさんもよ〜くご存知の仲間達と共に、lastソメイになろう立山線の桜を楽しんで参ります。

4/13の小湊鉄道、ワールド全開ですよね!
あのチョコっとした造形だけで表現してしまう鉄道感、言葉になりません。
ですよね、月額¥500くらい取っても安いんじゃないでしょうか?
撮っても撮ってもまだまだ全然…、HIJIOさんトコのブログと共に、毎度容赦無い刺激が堪りませんわ‼︎
  1. 2017/04/18(火) 08:49:23 |
  2. URL |
  3. タム #Lkzu/3qo
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

みつみつ様

伊丹周辺に生息する鳥はみんな大きくて鋼鉄製(笑)
そんな風にすら、魅せてしまうのが桜の魔法と言えるのでありましょう。
これが他の樹であり、他の花であったとしても、そうは見えないはずですから。
四季を愛で、風流を嗜むDNA、それが最高潮に達するのが、やはりこの季節、
昔人はそれを歌に絵画に表現し、今を生きる我らは写真で表現する。
「誰かに見てもらう為に写真を撮り続ける」と云ったのは中井先生。
自分が感動した一瞬を共感して欲しい想い、今回もまた共感して下さり感謝しております。
  1. 2017/04/18(火) 18:22:13 |
  2. URL |
  3. HIJIO #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

タム様

自称‛スペマに興味がない男’を貫いてきた拙方でありますが、
改めなければなりません。気が付けばFR24でJA743Aを追いかけている自分がいます。
何故こんなにドはまりしているのか、丁度桜の季節だったから?目新しいから?
それは今の所、自分でも良く判りませんが、やはりしばらくはC3POメインの撮影行となりそうです。
幸いにしてトリプルのトラフィックが多い伊丹ですから、季節の中を、街の中を、飛ぶ姿を収めたいです。

そうでしたか、お目にかかれたようで何よりです。
新幹線もドクターイエローが人気ですから、黄色は何かを惹きつける色なのかも知れませんね。
愛するタイガースカラーでもありますし(笑)、近いうちに、見ると幸せになれるという都市伝説が生まれるかも。

ハハハ~、親の仇でしたか、その鬱憤、撮影会で晴らせると良いですね、好天を祈祷しておきます。
ですね、あの年のタム様のお写真はどれも鬼気迫るキレがありましたね~、燃える男の迫力、恰好良かったです。(無論今も)
伊丹もリニア開通の年になれば、その気にさせてくれるかも、その時まで続けていたいですね。

正直、このところの、てつたびや一鉄の出来が、イマイチかなと思うこともあったものですから
今回の小湊鉄道シリーズのクオリティの高さに、てつたびの放送を楽しみにしています。
ニコン党だからという訳じゃありませんが、SONYメインに乗り換えてからの画創りに共感できない所があったのです。
なので、あの1枚の衝撃に改めて、羨望の眼差しを向けることが出来るようになった気がします。
いえいえ、自分もまだまだ、このC3POシリーズは、いささかワンパターンでしたから、
もっと被写体を見つめる目を磨かねばと思っております。
  1. 2017/04/18(火) 19:09:25 |
  2. URL |
  3. HIJIO #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

HIJIO

Author:HIJIO
伊丹空港ベースに
飛のあたる場所を
写し留めております。

最新記事

カテゴリ

春伊丹 (88)
初夏伊丹 (43)
夏伊丹 (59)
秋伊丹 (70)
冬伊丹 (83)
街伊丹 (79)
夜伊丹 (24)
NRT / 成田 (5)
FSZ / 静岡 (4)
TOY / 富山 (7)
KMQ / 小松 (13)
KIX / 関空 (3)
UKB / マリンエア (23)
OKJ / 岡山 (4)
HIJ / 広島 (5)
TTJ / 鳥取 (6)
IZO / 出雲 (3)
UBJ / 宇部 (9)
TAK / 髙松 (3)
MYJ / 松山 (7)
KCZ / 高知 (14)
NGS / 長崎 (3)
OKA / 那覇 (1)
etc. / エトセトラ (3)

アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する